大阪市交通局30000系第5編成(31605f)が営業運転開始!

f:id:meronking:20170422014130j:plain

4月21日、大阪市交通局30000系第5編成(31605f)が営業運転を開始しました。より詳しい記事は後ほど掲載します。

f:id:meronking:20170422014212j:plain

 

運用入り秒読み?北大阪急行9000形第4編成(9004f)が6回目の試運転

 f:id:meronking:20170422013424j:plain

4月18日、北大阪急行9000形第4編成(9004f)が試運転を行いました。確認しているだけでも6回目の試運転となります。

 

 

f:id:meronking:20170422013452j:plain

f:id:meronking:20170422013512j:plain

逆向きに出発し入庫する9004f

 

f:id:meronking:20170422013524j:plain

ご一緒した北急8006fさんから聞きましたのですが、ドアのところに広告が貼られていました。営業運転も近いとみられます。

 

f:id:meronking:20170422013536j:plain

車庫で並んだティラミス9003fと9004f

 

f:id:meronking:20170422013829j:plain

この日は日中運用がシルバー塗装の9001fと9002f、夕出庫が8000形3編成の8005f、8006f、8007f、車庫にいたのがティラミス塗装の9003fと9004f、というように、綺麗に分かれていました。今後はティラミスが増えてくるのでしょうね。

 

このあと車庫の裏側に移動し、自動塗装装置がなくなっていることに気がついたのは別のお話。

 

桃山台車庫の自動塗装装置が解体へ 8000形リニューアルはラッピングに?

北大阪急行の車両が並ぶ桃山台車庫。この車庫には、痛んだ塗装を塗り直す全自動塗装装置があったのですが、今日確認した時点ではすでに解体されて姿を消していました。

 

f:id:meronking:20170421014723j:plain

線路だけになった建物の中

 

f:id:meronking:20170421014840j:plain

かつてはここに塗装装置がありました。

 

 

f:id:meronking:20170421015803j:plain

未塗装で車両工場から運ばれてきた9003fも、この装置で塗装を受けました。(写真は塗装機とは別のところで撮影)

f:id:meronking:20170421020858j:plain

この塗装装置は、手作業で研掃、塗装し均一な塗装に仕上げるためには手作業では熟練を要するほか、塗装や粉塵による健康被害や大気汚染という問題を解決するために、北大阪急行と塗装機メーカーとの共同開発で作られた、車両研掃用としては日本で初めての乾式自動研掃装置です。[1] 8000形の全般検査の際に塗装を塗り直すために活躍していました。

f:id:meronking:20170421020319j:plain

全般検査の後、塗装直しを終えたc#8006

しかしながら、9000形、特に「ティラミス」の愛称で親しまれる9003fの登場以降、北大阪急行は方針を転換したようです。プレス(おそらく鉄道雑誌向け?)での説明会で、係りの方が「ラッピングにより可能になる多彩な表現の利用を今後拡大していきたい」と話していた(僕はそれをフェンスの外から聞いていました)ことや、ティラミス塗装がほとんどの部分がラッピングであることから推察するに、痛みにより塗り直しの必要が生じる従来の塗装は用いないようにしたようです。

 

f:id:meronking:20170421021108j:plain

塗装の転換点となった9003f

さらに、北大阪急行は「鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について」の中で「8000形リニューアル工事(内装更新等)の実施(平成29年度以降)」を挙げており、8000形のうち8006fや8007fはリニューアル工事を受けるとみられます。置き換えが進む8000形の一部編成にリニューアル工事を施すということはすなわち、リニューアル編成は今後数年は使用するということであり、全般検査をあと何回かは受けると考えられます。全般検査のたびに塗装を塗り直すのが今までの検査であったことを考えると、自動塗装装置が解体されてしまった今、8000形もラッピング塗装になるのではないかと予想できます。ラッピングを用いた多彩な表現のある8000形…もし塗装が変わるとすれば、どんな姿になるか楽しみですね。

 

※ティラミス塗装はラッピングとはいえ、従来の塗装を用いた部分があり、その部分の痛みを今後どう直すのかは不明です。

 

参考リンク:

osaka-subway.com

塗装機の写真があります。ぜひこちらもお読みください。

 

 

出典:

[1] 北大阪急行電鉄株式会社(平成6年3月)『北大阪急行25年史』p.138-139

 

 

【4/1】北急、運賃改定で初乗り一桁へ 中の人「もうヤケクソ」

f:id:meronking:20170401023441j:plain

北大坂急行は4月1日、運賃を改正し、初乗りを90円から日本初の一桁である0円へ値下げした。運賃値上げが相次ぐ中、値下げを行う鉄道会社は全国でも珍しい。

北大坂急行は近年、干里ニュータウンの高齢化などで利用者が減少。加えて新未納駅(仮称)への延伸や新型車両の導入で昨年赤字となった。担当者は「大坂市内からの乗客の負担を抑えるため、経営が苦しい中でも日本最安を守ってきた。それなのに多くの乗客からは『干里中央、御堂筋線です』とか、『なんか北摂にィ、割高な路線、あるらしいっすよ』とか『大坂市交通局に吸収あくしろよ』とか散々言われてたんすよ。もうヤケクソになりますよ〜 値下げしてやったから我々への悪口は†悔い改めて†」と語った。

 

用誤解説:

大坂市交通局

大坂市が運営する交通局。地下鉄、バス、ミュートラムの運行を担当している。2018年に民営化が決まり、114514年の歴史に幕を降ろす予定である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(大嘘)